MESSAGE

代表「辻秀信」よりご挨拶

辻工務店 辻秀信
辻工務店 辻秀信

創り手ではなく、住まい手側の立場に立った
地域密着型の工務店が辻工務店です。

当社は藤枝で家づくりをしている小さな工務店です。大工職人であった私は32歳で設計管理業に転進し、これまでに160件ほどのお宅を創らせていただき、現在に至っております。

技術屋出身であるため家は創りあげるものだという思いから、家を商品という位置づけにはできないため、当社には営業マンがいません。しつこい営業・カタログ販売などもってのほかだと思っています。

私たちが思う家づくりとは、住まい手と創り手がしっかりと向き合い、信頼関係のもとに成り立つのだと思っています。当社ではOB客さんや協力業者からの紹介による受注が7割を占めています。これは今までの家づくりを認めていただけている証だと誇らしく思っています。

誰しも家を建てるということは、人生最大の一大事です。数千万円という莫大なお金を要する家づくりは、何からどう進めていいのか分らないことだらけではないでしょうか?私たちはそんな不安を抱いた皆さんに、建築屋のプロ・住宅ローンのプロ・家づくりコンサルタントとして、様々な問題を解決し安心した家づくりをお手伝いしています。

気軽に声をかけてみてください。 私たちが気軽に対応させていただきます。

社員から見た社長像

辻工務店 辻秀信

仕事も趣味も一本気。自分がいいと思ったことは必ずやり遂げます。生真面目ではないですが、不真面目でもありません。年に数度のネパール訪問で羽をのばす自然派人間です。とにかくたくさんのアンテナを張り、興味を持ったことはとことんやり尽くす、熱意あふれる弊社の代表。

実は、ヒマラヤ山脈にも何度も登ったことのある登山家という顔の持ち主でもあります。山を登った後の頂上で眺める景色、そしてその達成感は、家創りが完了し、お客様の喜びの顔を見るのと同じようにとても達成感があります。だからきっと、代表は山登りも家創りも好きなんだと思います。

辻秀信の経歴

昭和36年5月 茶どころ牧之原大地に生まれる。小学校の頃より自分の設計した家を自ら手掛けたいと、大工職人になることを目標としていた。
昭和52年4月 静岡県立島田工業高校建築科入学。 硬式野球部に入部。野球中心の高校生活が現在の基盤となる。
昭和55年3月 静岡県立島田工業高校建築科卒業。 成績はともあれ卒業証書を手にする。
昭和55年4月 地元の棟梁の下に弟子入り。修業4年目で一軒を任される。
昭和62年3月 棟梁として独立。称号を辻建築として自営業となる。この間に様々な会社、先輩との付き合いの中で多くの技術、考え方を知る。「井の中の蛙 大河を知らず」を思い知らされる。
平成3年9月~11月 ネパールヒマラヤ登山隊遠征に参加。高校3年から始めた登山にのめり込み、ネパールヒマラヤへと足を踏み入れる。以降、地元シェルパ族との交流が続く。
平成6年4月 辻工務店として藤枝に開業。14年間の大工職を卒業し、32才にて設計、管理業に転身する。
平成7年12月 株式会社辻工務店 設立。 自営業から法人となる。同時に代表取締役に就任。
平成15年3月 家族と共にネパールへ。 自分の抱かれた山を家族に見せるべく、12年の時を経て再度ネパールの地へ。
平成18年4月~5月 ネパールヒマラヤ登山隊に参加。 Lobuje East峰(6,119m)に登頂。
平成22年10月~11月 3年の準備期間を要し、2回に亘る現地偵察山行を経て、ネパールヒマラヤ未踏峰「ヤカワカン(6,482m)」の世界初登頂を成し遂げる。

ページの一番上に戻る