WORKS

これからの住まいのカタチ「子世帯で暮らす家」

島田市

辻工務店の施工事例

スープの冷めない距離で、お互いを思いやる暮らしの提案

単に「二世帯住宅」「同居」といっても、様々なカタチがあります。その中でこちらの住まい手は、同じ敷地内に完全に棟の違う「子世帯の家」を創りました。

コンパクトにまとめられた3LDKの間取りには、奥様の念願だった使い勝手抜群の創り付け食器棚や、玄関から出入りできる大容量のシューズクロークを完備。デッドスペースになりがちな階段下や階段上部も、収納として無駄なくすべて使い切りました。

生活スタイルや時間帯が異なる親世帯と“そばにいる”安心感を保ちつつ、適度な距離感で住まう家づくりは、お互いが気持ちよく過ごせる暮らしの提案です。

ページの一番上に戻る