BLOG

2015.03.17 家づくりの豆知識

「今と昔では家の性能が違う!?」藤枝市の工務店 辻工務店がお伝えする豆知識!

本来、日本の家は夏に特化した家だったことはご存じですか?
昔はエアコンが無かったからこそ、暑い夏を乗り越えられるように、風通しの良い家を設計することで過ごしやすい空間を創っていました。

それに昔の夏は、ここ最近のうだるような暑い夏ではなかったので、風通しを考えておけば問題ない状態でもありました。
また、ジメジメした空気は、床や壁自体が湿気を吸いこむような素材を使い、湿気対策が施されていました。とても考えられた仕様が組み込まれていたんですね!

しかしここ最近の家は、断熱性や気密性が向上したことで、冬に特化した家が多くなってきています。
寒さ対策をしておくことで、ヒートショックから身を守る設計となってきたことはとてもいい状況ではありますが、夏のことを考えてみるとどうでしょう?
まだ寒さの続くこの時期に「夏のことを考えて欲しい」というのは無理な注文かもしれませんが、ここ最近の夏は特に熱く感じませんか? 

冬場はヒートショックから身を守ってくれる仕様が組み込まれた家になっておりますが、夏の脱水症状に関してはどうでしょう。おそらく昔の家のような、暑さが軽減できるしっかりとした対策までは考えられてないかと思われます。

辻工務店は、今と昔の家の良い所をチョイスして、家創りをしております。
冬だけでなく、夏の暑さにも配慮した、一年中快適な住空間を皆様にお届けいたします。

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る