BLOG

new 2019.07.11 辻工務店のこだわり

サーフボードが楽にしまえる家~藤枝・島田・焼津の辻工務店~

海の季節ですね。静岡県の御前崎は、サーフィンのメッカとして知られています。御前崎だけでなく、伊豆や相良、牧之原などサーフポイントがたくさんあり、「サーフィンがしたくて静岡県に引っ越してきた」という移住者も多いようです。

そこで今回は「サーフボードが楽にしまえる家についてお届けします

 

 やはり大事なサーフボードの収納にはこだわりたいですよね。

海から帰ってきてどう収納したいのか、人によって2つに分かれます

・見せる収納にこだわるインテリア重視派

・中にきっちり収納したい堅実派

 

インテリア重視派さんには、広めのバルコニーやデッキをおすすめします。

立てかけて飾りたいという人は多いですよね。

「大好きなボードをいつでも見られるところに飾りたい」という気持ち、山道具を飾っている代表、辻としては「よ〜く分かる」そうです。この場合、駐車場からスムーズにバルコニーへ行く動線も大事です。

 

きっちり収納したい派さんには、帰ってきてすぐ収納できるガレージや収納部屋がおすすめです。長いボードを生活空間に収納するとなると、出し入れが億劫になってしまいます。「家の中に入れると家族に嫌な顔をされてしまう・・・」とお困りの方には、家を通らず持っていける収納が便利です。駐車場からダイレクトに収納する場合、サーフボードを横にするのではなく、縦の「高さ」を活かします。駐車場からつながる扉を開けると土間があり、そこへ立てかけて収納するのがベストです。そうすると省スペースになり、1畳分の土間があれば、ボード5〜6枚は入ります。ウエットスーツを掛けるフックも付けるとより便利です。

DSC_0123

gplus558370829

ボードやウエットスーツを洗うための外の水道も重宝します。

 

こうしてユーザー目線に立った設計を辻工務店ではご提案しています。

アウトドアやスポーツを「たかが趣味」と考えず、あそびのある暮らしを考えてみませんか。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

「サーフボード入る収納たっぷりの家」施工事例はこちらから→https://ie-tsuji.jp/?p=3062

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る