BLOG

2019.03.07 家づくりの豆知識

子どもの“めんどくさいモンスター”に打ち勝つ収納とは〜藤枝・島田・焼津の辻工務店~

前回(https://ie-tsuji.jp/?p=3315)、子どもの荷物の多さについてお伝えしましたが、今回は“自分でできた”を育む収納の極意をお届します。

子どもの心の中には“めんどくさいモンスター”が潜んでいると考えてください。

「ただいまー」と元気よく帰って来てから、トイレへ駆け込み、うがい・手洗い、ランドセルの片付け、着替えなどいくつも「やるべきこと」がある中で、“めんどくさいモンスター”が動き始めます。

 

例えば扉を開けてからの収納、引き出し開けてからの収納・・・と片付けるまで2ステップ以上あると、“片付けよう”という意欲がモンスターに掻き消されてしまいます。

そうなると「片付けなさい」というママの声も右から左。これがイライラの元ですね。

 

肝心なのは片付けを習慣化すること。

それだけに、片付けやすい収納は子どもにとっても、ママにとっても重要なのです。

 

辻工務店では、「子どものための収納はシンプルに」を心掛けています。

シンプルな環境を整えてあげることが一番。そして考慮すべきは動線。

家事動線」だけでなく子ども動線も重要なのです。

 

辻工務店が新しく提案する新しい住まい「ジョージタウンstyle」は、リビングの目の前が子ども部屋。シンプルな動線で自然と片付けが身につきます。

IMG_0169

動線上に収納スペースを作った事例もあります。洗面脱衣場の隣に、毎日使う道具・衣類一式を丸ごと収納できる1坪分のスペースを作りました。ゆとりある収納というのも、子どもがめんどくさがらない要素の一つです。

052

片付けが身に付くと、ママとパパのイライラ大幅削減。笑顔でいられる時間が増えます。

あなたにとって“住みやすい家”を、一緒に作りませんか。ぜひ一度ご相談ください。お待ちしています!

 

【過去関連記事】
https://ie-tsuji.jp/?p=3315

月別

ページの一番上に戻る