BLOG

2017.09.19 家づくりの豆知識

家を建てる適齢期が「意外と若い」と驚かれる理由~藤枝の辻工務店

新学期がはじまりましたね。今年もあと3か月ちょっとで終わってしまうかと思うと、時の流れの速さに驚いてしまいます。

 

こうして年々歳を重ねていくわけですが、家を建てる適齢期っていつだと思いますか。

もちろん、結婚というライフイベントが深く関係しているのですが、「新婚時代はまずアパート暮らしでいいよね」と考えている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

代表の辻が考える適齢期は「新婚時代」です。(ここでは共働きの新婚夫婦を想定しています)

 

 

妊娠前の共働き時代は、世帯収入も多く、安定しています。ところが妊娠、出産などで仕事を休む、または辞めると収入はがくんと下がります。

 

そうなると借りられるローン額が変わってきます。

そして、育児で心の余裕もなくなり、2-3年はマイホームどころではなくなってしまう時期がやって来ます。

 

子育て期からローンが始まると、増え始めた支出との出費がかさみ、支払いに苦しさを感じるようにもなります。

 

あと2-3年後・・・と考えていると、あっという間に金利が上がる可能性だってあります。

 

 

 

「いつか建てたい」と考えている新婚さんは、「今」動いた方がいいということですね。

 

「自分たちはまだまだ…」と持っている新婚さん、少しずつ準備を進めていってはいかがでしょうか。

辻工務店では25歳からの家づくりを応援する、デザイン住宅「エコロジーstyle」(税別1250万円~)をご提案しています。

豊富な最新土地情報もございますので、ぜひ直接お問い合わせください。

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る