BLOG

2019.08.08 辻工務店のこだわり

日当たりいいのに常にカーテン?それって設計に問題有り?!~藤枝・島田・焼津の辻工務店~

今、ハウスメーカーの家が立ち並ぶ新興住宅地を歩くと、ほとんどの家がいつもカーテンを閉めっぱなしという状況になっていて、驚いてしまいます。せっかく日当たりのいい土地を選んでも、「大きな掃き出し窓が道路に面しているからカーテンを開けられない」という状況になってしまっているようです。それでは宝の持ち腐れ。なんてもったいないんでしょう!中には、「洗濯物の前を通っていかないと玄関にたどり着かない」という設計の家も見かけます。

718fddf56f1f792f723a93b7fb7b7312_s

ではなぜこういうことが起きてしまうのでしょうか。それは、大手ハウスメーカーは最初の段階で営業マンが設計するからです。その土地がどういう土地か、住むとどんな問題があるか、どういう間取りの家が快適か分からずに設計図を描いてしまいます。

 

・外から丸見えなのでカーテンは閉めっぱなし

・土地は広いのに住んでみたら広く感じない

・わが家に遊び場がなくて子どもは結局道路で遊んでいる

 

こういう問題は、設計段階に生じている問題です。設計は真心です。プロの設計者は図面を描く時、頭と心は現場へすーっと飛んでいき、現場を歩きながら、現場の風と光を感じながら、時には俯瞰しながら描くものなのです。お客さんのニーズに応えてあげたいその一心でペンを動かします

 

辻工務店では真心込めた設計で、快適な空間を創造します。ご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

201903-88_original

月別

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る