BLOG

2018.10.30 辻工務店について

設計者のアイデア力が「失敗しない間取り」につながる!~藤枝・島田・焼津の辻工務店~

インターネットで「間取り」と検索すると「失敗」や「失敗ランキング」といった気になるワードが出て来ます。それほどまで、住んでから「失敗した!」と思うケースが多いということです。

 

でもよく考えてみてください。失敗したのは施主ではなく設計者ではないでしょうか。

 

住みやすく工夫された家かどうかは、設計者の腕にかかってくるもの。設計者選びはとても大事です。とはいえ、設計者を指名するというのは、なかなかハードルが高いですよね。

工務店選びをする時は、“営業さんの印象”だけでなく“どういう人が設計をするのか”ということも念頭に置くとよいかもしれません。

1ブログ

意外に思われるかもしれませんが、設計者にとって重要な要素が「行動力」です。

それは様々な社会経験が図面に表れるからです。引きこもって机とばかり対峙しているようでは、アイデアも凝り固まってしまいます。設計する人が無趣味では、それなりの家しかできないのではないでしょうか。

設計者=代弁者。十人十色のニーズに応えられる家を作るには、多角的な視点が必要なのです。

2ブログ

辻工務店の設計は、すべて代表の辻秀信が担当しています。様々な肩書きを持つ辻は、頼りになるアイデアマン! その秘密は「遊び上手という行動力にあります。興味を持った趣味はとことん掘り下げ、極めます。

辻がテレビでドローン撮影の技を披露していますが、ドローンもバイクレースも登山もどれも“とことん”を追究します。

3ブログ

4

こうした経験が、柔軟な発想力を育み、設計に生かされます。そのアイデア力が遊びのある家づくりや隙間スペースを生かした間取りを生み出しています。

コストを抑えつついかに暮らしやすい間取りを作るか。1軒1軒、全神経を集中させて設計に望みます。

 

ではどんなアイデアがあるのか・・・

次回、そのアイデアに溢れた施工事例をお届けします。お楽しみに☆

ページの一番上に戻る