BLOG

2014.04.17 OB訪問

辻工務店の考えるアフターフォロー!「お客様のご自宅訪問!」③〜牧之原市のお客様〜

今回は、牧之原市のお施主さんのところへご挨拶に伺いました!

辻工務店では、家が建つ前はもちろんですが、それ以上に建てた後のフォローが大事だと考えています。

常にお客様第一の気持ちを忘れずに、日々「お客様目線でサービス」を提供していきます!

さて、今回の牧ノ原市のお施主様。実は代表辻の高校時代の野球部の先輩なんです♪

高校時代の先輩でもあるお施主様からは当時、「おい!辻っ!」と呼ばれていました!

野球の厳しさや楽しさなどいろいろと教えていただいた、とても尊敬できる先輩。その先輩のお宅を、6年前に建替えさせていただいたんです。

先輩のお宅は、先代たちが家の周りにたくさん木を植えられていて、建替えをするにはその木を切らなくてはなりませんでした。

「先代が植えた木を切るなんて・・・」と、申し訳ない気持ちになりましたが、「素晴らしい家に建替えてもらうんだから、先代も許してくれるよ!」という先輩のお言葉に後押ししていただき、泣く泣く素晴らしい木々を切ることに。

しかし、木を切っていくうちに、一本良い木を発見しました。先代の思いがつまっている木を使って、家を建てみようと思い「この木を使いましょう!」と急遽提案!

その提案には、先輩もご家族も喜んでいただき、家の中心である大黒柱に使わせていただきました!


建替えを依頼され、完成するまでに先輩とはいろいろな懐かしい昔話をさせていただきました。
その懐かしい思い出話をしていく中で、先輩が突然何かを思い出したかのように「離れの塗り替えもやって欲しい!」と追加の依頼もいただくことになりました。

また全力で、お応えさせていただきますね!

家創りには、一軒一軒、いろいろなストーリーがあります。皆さんが家を建てるときはどんなストーリーになるでしょうか?

家を創る上でのストーリーを、辻工務店と一緒に作り上げていきませんか?皆様と物語を作れることを楽しみにしています。

月別

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る