BLOG

new 2018.07.05 みんなのブログ 社長のつぶやき

辻秀信のネパール旅行記㊤ 絶景!ネパールの山々に囲まれ地球を感じる~藤枝・島田・焼津の辻工務店~

7月に入りましたが、いかがお過ごしですか。5月以降、連休がなかなかないので疲れがたまっている人も多いかもしれません。

さて、今日はみなさんの気分転換になるような「ネパール旅行記」を絶景写真とともにお届けします。

代表の辻秀信が、今年の4月下旬からネパールを訪れました。
目的地は「アンナプルナ」という標高約8000メートル級の山を目指す人たちがベースとするキャンプ地で、標高約4200メートルに位置します。

1-5re

出発はセントレアから。長期の休暇が取れなかったため、通常のツアーだとポカラ(ネパールの首都カトマンズから西へ約200㎞にある)から現地まで11日間かける行程を、これまでの登山経験を元に6日間で組み、結局3日間で登って2日間で下りてきました。これは経験者だからこそできる行程なので、一般の方にはおすすめできません。

ネパールでの登山の醍醐味の一つは、現地の人と交流し、文化を知ることです。今回も友人のシェルパが同行しました。

 131107_193409

ご紹介したい現地の文化の一つが「タルチョ」です。山道のそこら中に「タルチョ」というカラフルなガーランドのような旗がなびいています。この五色の旗にはチベット仏教のお経が書いてあります。すべてのことへのお守りですね。

 1-7re1-2re1-3re

自然の中に入り込み、現地の人々の生活に入り込むと、価値観が変わります。チベット仏教を崇拝している人たちなので、家族や兄弟、村の人たちに対する優しさに影響を受けました。標高が高く過酷な環境下で、ダイナミックな自然に囲まれて暮らす人々の笑顔を見ていると、原点に立ち返ることができます。「小さいことにくよくよしないと自然と思えてくるものです。それと同時に自分への誇りも高まります。こうした経験が仕事への情熱へと転換されていると確信しています。

 1-4re1-6re

代表の辻は数々の登山経験から、多くの人にアウトドアライフを楽しんでもらいたいと願っています。そんな辻が設計したアウトドアの家「アウトドアstyle」。ダイナミックな地球を感じながら暮らしませんか。詳しくはHPでご覧ください。

 

次回は旅行記の続編をお届けします。お楽しみに!

ページの一番上に戻る