Q & A

Q家づくりはどうやって進めればうまくいきますか?

家づくりのスタートは、まず総予算を把握するところから始めましょう! よくある総予算は積み上げ算式で、土地・建物・諸経費を足し算して「いくらになるか」という出し方です。多くの会社がこの方法でお客さんと話をします。この総予算は、土地代金や建物建築費のみで算出されています。 しかし、実際に土地を購入し建物を建てるときには、仲介手数....

Qアパートと一戸建て、どちらが良いでしょうか?

「アパート暮らしは気が楽でいい」という方が結構います。私もそうでした。でもいつかはマイホームを持ちたいと思っているはずです。 そこでアパート暮らしの見えないリスクを考えてみましょう。 家賃は毎月消費してしまうもので資産形成できません。 万が一旦那さんが亡くなってしまった場合、奥さんが働き、家賃を払いながら学費を捻出し、子供を....

Q住宅ローンを返していけるか心配なのですが?

アパートの家賃を毎月払えているのでしたら間違いなく返済していけます。何千万という借金であるという不安が躊躇させてしまっているだけです。家賃の返済なのだと切り替えれば気が楽になるはずです。 ですが、家賃と同じ返済額では希望の借入額に満たないという方も多いはず。たとえば世帯年収が450万円。自己資金100万円、親からの贈与100....

Q二世帯住宅を検討中です。計画での注意点はありますか?

二世帯住宅は、私たち住宅会社からすると大変ありがたい金額の嵩む工事です。ですが、お客さんのことを考えたとき、本当にそのまま進めてもいいものか考えるときがあります。 奥さんの親御さんとの二世帯は問題ないのですが、旦那さんの親御さんとの二世帯住宅は、奥さんにとっては世代が異なるうえ育った環境も違います。義理の親とは言え他人との同....

Qリフォームと建て替え、どちらが良いか見極め方はありますか?

リフォームで気を付けるべきは、その建物の状態をプロの目で見極めることです。 今の建物の状態であと何年使えるのか?どのくらいの資金投入が必要なのか?などしっかりと考えなければなりません。 若い世代が築浅の中古住宅を購入し、永く暮らせるのであればリフォームで良いでしょう。古い物でしたら終の棲家とはなりづらく、建て替えを前提と思わ....

Q固定金利と変動金利、どちらを選べばいいの?

住宅ローンには、固定金利と変動金利の二種類があります。 変動金利は景気の好不況に影響を受けます。現在の超低金利を考えたとき、これ以下に下がることは考えにくく、大幅ではなくとも上昇する可能性の方が確率は高いと思われます。 また変動金利の返済方法は、毎月の返済額が5年間ごとに定められるため、5年の期間中に金利が上がったとしても毎....

Q土地探しから始めたいのですが、どうすればいい?

信頼できる住宅会社を探して、窓口を一本に絞ることが大事です。窓口を複数にするのは信頼関係が生まれず大変な思いをするだけです。 また、土地取引には専門用語や確認しなければならない大切な事項が多々あります。土地探しは落とし穴がいっぱいなのです。よほど長けている方でも不動産屋さんと直接取引交渉するのは至難の業です。 辻工務店では土....

Q繰り上げ返済をした方が良い?

皆さん、できれば繰り上げ返済して住宅ローンを終わらせてしまいたいという気持ちがありますよね。 但し、このローンを終わらせてしまうと加入していた団体信用生命保険も終わってしまいます。 この生命保険は低い掛け金で万が一の時、借入金を弁済してくれる優れもの。 繰り上げの時期にもよりますが、まだ子供にお金がかかったり新しい生命保険に....

Q住み始めてから掛かるお金って、どんなものがあるの?

家を建てた以降の費用としてまず固定資産税があります。都市計画税という聞きなれない税金と一緒に納税しなければいけません。土地の評価や建物の大きさにもよりますが、おおよそ1か月当たり1万円が目安です。 それと大切なのは修繕費を考えておきたいものです。大きな工事では13年後を目安に外壁の塗装代や、白アリ防除工事代などがあります。そ....

Q4 Style Story(4つの設計Style)ってどんなもの?

辻工務店では4 Style Story(4つの設計Style)という設計方法から、皆さんのスタイルに合った設計方法を選んでもらっています。 4つ全てが高性能な長期優良住宅をベースとし、耐震性・省エネ性・メンテナンス性を備えています。 価格を抑えた規格住宅「エコロジーStyle」であっても快適性はフルオーダーと全く変わりません....

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る