Q & A

Qリフォームと建て替え、どちらが良いか見極め方はありますか?

リフォームで気を付けるべきは、その建物の状態をプロの目で見極めることです。 今の建物の状態であと何年使えるのか?どのくらいの資金投入が必要なのか?などしっかりと考えなければなりません。

若い世代が築浅の中古住宅を購入し、永く暮らせるのであればリフォームで良いでしょう。古い物でしたら終の棲家とはなりづらく、建て替えを前提と思われますのであまりお金をかけない方が賢明です。

シニア世代のリフォームでは、思い出の詰まった家をリノベーションし、趣味に暮らしに心の余裕が持てる家づくりにしたいものです。 但し、しっかりと考えたいのはリフォームした後の生活資金の温存です。家は楽しく暮らし易くなったとしても、生活を切り詰めるようなことになったら本末転倒です。

リフォームもライフプランもしっかりと見極めましょう。

MOVIE

ページの一番上に戻る