Q & A

Q固定金利と変動金利、どちらを選べばいいの?

住宅ローンには、固定金利と変動金利の二種類があります。

変動金利は景気の好不況に影響を受けます。現在の超低金利を考えたとき、これ以下に下がることは考えにくく、大幅ではなくとも上昇する可能性の方が確率は高いと思われます。 また変動金利の返済方法は、毎月の返済額が5年間ごとに定められるため、5年の期間中に金利が上がったとしても毎月の返済額は変わりません。

ところが増えた金利分はその中でしっかりと返済されているため、当初返済予定であった元金が予定通り減らないのです。そしてこの5年間で減らなかった元金は次の返済期間に繰り越されるため、当初予定の返済額を上回ってしまうのです。返済完了時に一体いくら返さなければならないのかもわからないのです。

以上のリスクを考えたとき、変動金利は金利が高い時に借りる形態のもので、超低金利の今借りるものではありません。

辻工務店では以上の理由から、返済が始まったとき「返済完了時にいくら返すのか」が確定している、超低金利の「ずっと固定金利の安心 フラット35」をおすすめしています。

固定・変動どちらを選択するかで今後の暮らしが左右されてしまいます。 銀行窓口、営業マンの変動金利への誘いには十分注意しましょう。

MOVIE

辻秀信のSNS好評配信中
ページの一番上に戻る